スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【福島原発】水ガラスの次は窒素ガス注入へ

東日本大震災は、津波の被災地よりも、福島原発の
封じ込め作業の報道が、非常に注目されてます。
やはり、NHKの水野解説委員による解説が、
一番分かりやすくて、安定感があるかもね。


六ヶ所原燃や、原子力船むつなど、青森での取材が、
活かされていると思います。
水野倫之解説委員によると、海水からだだ漏れしてる、
高濃度の放射線汚染水よりも、原子炉の方の対応を
非常に重要視しているように、見受けられました。


原子炉格納容器の冷却水が少なくて、燃料棒が丸出しに
なってるなんて、海水を入れた作業をしてもこの状態?
しかも、水素爆発の心配があるというじゃないですか。


今度は、窒素ガスの注入で、対応をしてるようだけど、
かなり危険な作業となってるようです。
水野解説委員が心配してるのは、作業員の安全面と
外部へ放射能にまみれた水蒸気や気体が、もれること。


NHKのニュースは、毎日見る習慣がついてしまった。
地震の2次災害は、もうこりごり。
関連記事

テーマ : 原発事故
ジャンル : ニュース

  • 無料SEO診断
SEOSEOツール
最近の出来事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。