スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

押尾学裁判はまだ終わりじゃないでしょ 裁判員の安全はどうよ?

押尾学の裁判員裁判がとりあえず一区切りしましたね。

わたしが驚いたのは、裁判員が顔出しで記者会見
行った事ですかね。

こういうのって、外部にべらべらしゃべっていいの?

裁判員をつとめた6人は男性4人女性2人だったとか。
この他補充裁判員は男性3人。


押尾学は芸能人ということもあり、注目がされたが
先入観はなく、罪に対してさばく事に専念したとか。


罪を憎んで人を憎まず


中には、テレビやインターネットなどの情報を遮断して
裁判に臨んだ裁判員もいたとか。

裁判長からも、マスコミ以上に情報があるのだから
法廷で見聞きした証拠に基づいて判断するように
助言を受けながら、先日の判決に至ったとか。

裁判長!おもいっきり悩んでもいいすか


<押尾学被告>「客観に徹した」有名人で初の裁判員裁判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100917-00000086-mai-soci


あ・・・そうなのねぇ。
で、記者会見を取り上げたところで、コメンテーターの
勝谷誠彦が怒り狂ってましたわ。同感ざます。



こんなの記者会見で、ベラベラ言うなと。


まだまだ、お塩先生がしゃべってない事あるでしょ。
証人だって出尽くしてるわけじゃなさそうだし。

身の危険はないのかと心配しちゃうのは
わたしだけでしょうか。大丈夫なの?

犯罪芸能タブーとスキャンダルDX

どーして下着会社の女社長が法廷にでないのかな~

お塩は即日控訴したそうなので、もっと真実を
明らかにして欲しいところですね。
MDMAのルートとか人間関係とか。
関連記事

テーマ : 刑事事件・裁判関連ニュース
ジャンル : ニュース

  • 無料SEO診断
SEOSEOツール
最近の出来事
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。